Skip to content →

総量規制なしのカードローンは危険?

一般的なカードローンは現在では貸金業法が改正されたために総量規制が適用されるようになっています。規制が適用されるようになったために通常は年収の三分の一以下までしか融資を受ける事が出来なくなっている上に、一定金額以上の融資では収入証明書の提出が義務付けられるようになりました。そのために総量規制を気にせずに借りる方法が無いのかと困っている人たちも一部にはいます。
そんな人たちの悩みを解消する総量規制なしのカードローンも世の中には存在しているのですが、法で縛られているからこそ困っているのに規制が適用されないのは危険なのではないかという心配があります。
たしかに中には悪徳な業者も存在しているのでそうした業者が法を無視して貸付を行う可能性は否定する事も否定できないですが、法に問題ない総量規制と言われているものではない融資のカードローンも世の中には存在しています。
どうして問題ないのかというと、この規制というのは貸金業法が適用される消費者金融のような貸金業者に対して適用されるものであり、貸金業法が適用されない銀行のカードローンを利用すれば良いのです。消費者金融の中には昔から違法な金利での貸し付けなどを行っている問題の業者も一部ではありますが、銀行ならば信頼が出来て安心して取引する事が出来ます。
ただし、総量規制なしでお金を借りる場合はどうして規制が定められるようになったのか、その意味についても理解した上で利用するようにすべきです。規制は不便な面があるのも事実ですが、その一方で消費者を保護するためのものであって安易に借りてしまって返済出来なくなってしまう事にならないようには気をつけなくてはならないです。

Published in カードローン

Comments are closed.